無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

赤房side
ジョーside
ジョー   112
ジョー 112
(このままあなたを黒房に行かせていいのか...?って何で俺はあの女のことばっかり考えてんだ。)
エガオ   18
エガオ 18
おーい、ジョー!
ジョー   112
ジョー 112
っ、今行く。




















エガオside
エガオ   18
エガオ 18
(ジョーは行かせてたけど、ホントにいいのかな?俺は...行ってほしくない。)
看守
おい!ボーッとするな!
エガオ   18
エガオ 18
あっ、すいません。


















ジュンside
ジュン   264
ジュン 264
(あの子、大丈夫かな?ジョーは行かせてたけど。あの子は何か哀しい目をするから。)
情報屋    482
情報屋 482
おいジュン。
ジュン   264
ジュン 264
うん。今行くよ。




















ダイケンside
ダイケン   391
ダイケン 391
(あの子は頭がいい。でも...。)
看守
おい、手が止まってるぞ
ダイケン   391
ダイケン 391
すいません。


























ヒロトside
ヒロト   7
ヒロト 7
(あの子、よくわかんないけど寂しそうだったな。後でジョーに聞いてみよう。)
ダイケン   391
ダイケン 391
おい、行くぞ。
ヒロト   7
ヒロト 7
あっ、うん。



















情報屋side
情報屋    482
情報屋 482
(皆「あなた」とかいう女に会ってからおかしい。これは早く情報を集めて会う必要がありそうだな。)
ヒロト   7
ヒロト 7
おーい、情報屋ー
情報屋    482
情報屋 482
ここだー





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
sugar
sugar
短かったです😅
sugar
sugar
なんと作者は季節はずれのインフルになりました😱
sugar
sugar
みなさんも気をつけてくださいw
sugar
sugar
投稿は気まぐれでマイペースなんですけど、これからもお願いします😆