無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

あいつが死んだ朝



あいつが死んだ





そんな日もいつもと同じように夜が明けて日が昇る





だけど
あいつがいない夜明けも


あいつがいない朝日も


あいつがいない空も









何かが足りなかった








でも私たちは生きなきゃいけない


いや、

生きる




いなくなったあいつの分も







あいつが死んだのは無駄じゃない



タスクは脱走できて赤ちゃんと奥さんにも会えた

看守にも自分たちの力を見せることができた
my 422
my 422
ジュン…
コウタ   501
コウタ 501
ジュン...
ジョー   112
ジョー 112
ッ...
エガオ   18
エガオ 18
...
ダイケン   391
ダイケン 391
...ジュン...
シュンソク   66
シュンソク 66
...





みんながそれぞれの覚悟を持って






あいつの分も生きようと誓った...










sugar
sugar
最近すごい短いです...🙏💦



今めめをどうするかとか前約束した3人を登場させることとか色々あってちょっと悩んでます←😓😬
sugar
sugar
なので考える時間もかねて💓が35コくらいになったら出します🙇🏼‍♀️🙏



絶対ならない気がする...←
sugar
sugar
そして
フォロワーさん300人達成ありがとうございます💓


手書きメッセージとかやっちゃったりしちゃおっかなっなんて考えてます←
300人でやることじゃない気もしますが...

まっ、まだ決めてません!