無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

桜の下で。
卒業式が終わり、私はみんなに別れを告げ、早咲き桜の下に向かった。

桜の花びらがひらひらと舞っている。
咲希
綺麗…
私は木の幹に手を当て、
咲希
陸に会わせて…
と、呟いた。

すると、桜の木が、花びらが光り始めた…

その光の中に、見覚えのある人影が見えた。
咲希
…陸?陸だよね?!
久しぶり、咲希。