無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

早咲き桜の魔法。
私は、校門のところで待っていてくれた凛のところへ向かう。
咲希
凛ー、ごめーん、待った?
え?全然?だってまだ5分しか経ってないよ?
咲希
嘘っ?!だって私、30分は話してたよ?
まあ、いいじゃん、そんなの。

さ、帰ろ。
咲希
そうだね。
咲希の顔には、ここ1年で見られなかった満面の笑みが浮かんでいた。
早咲き桜の魔法                fin