無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

8
2021/08/21

第2話

優春と不思議な少女
優春(やよい)
優春(やよい)
お母さん!
お父さん!
俺は、春姫が居なくなったことを話した
そしたら、お母さん達はなにかを語り始めた...
お母さん
お母さん
「もしかしたら、神様が連れてってしまったのかしら?」
お父さん
お父さん
「それは、無いだろ」
俺の前でコショコショ話をしている
俺の中で聞こえた言葉は、連れていかれた?と言う言葉が聞こえてきた...
優春(やよい)
優春(やよい)
お母さん、連れていかれたってどう意味?
お母さん
お母さん
お父さん
お父さん
お母さん
お母さん
まだ、優春には関係ないことよ
お母さん
お母さん
お父さん行きましょう?
お父さん
お父さん
あ、あぁ
お母さん達は行ってしまった
優春(やよい)
優春(やよい)
俺にはまだ関係ないこと?
俺は、テーブルの上にあったご飯を食べて学校に行こうとした。
その時に誰かの声が聞こえた
不思議な少女
不思議な少女
お兄ちゃんを助けたい?
優春(やよい)
優春(やよい)
え?
春姫のこと?
なんで、少女は急に語り始めた
不思議な少女
不思議な少女
連れていかれたお兄ちゃんは、多分
今、君の中で1番思い出に残っているところにいるかも((( *艸))クスクス
優春(やよい)
優春(やよい)
え!
今、俺の中で1番の思い出の所に春姫がいる?
不思議な少女
不思議な少女
また、分からなそうだったら私声かけるね!
優春(やよい)
優春(やよい)
あ、待って!
少女は、消えてしまった。
優春(やよい)
優春(やよい)
とりあえず学校に行って、みんなに相談しよう!
俺は、一旦部屋に戻ってカバンを持って学校に行った...
これで一旦終わります
これから優春は、春姫を見つけ出せるのか楽しみになってきましたね(*´艸`)
それでは、またお会いしましょう