無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

セブチ ジョンハン 2
あなた
あなた
勘違い?なんの?
ジョシュア
ジョシュア
あ、いや、なんでもない、、
また顔を赤くして、、、
ジョンハン
ジョンハン
ハァ、
ジョンハンはため息ついて、どっか行っちゃうし、
シュアは、何かを決意したみたいな表情。
ジョシュア
ジョシュア
あなた、今日放課後時間ある?
あなた
あなた
ほ、放課後??あるけど、なんで?
ジョシュア
ジョシュア
屋上に来て欲しい、
あなた
あなた
ん、わかったー
なんの用事だろ、
そんなことを考えて、
時間はあっという間に過ぎてった。
ジョンハン
ジョンハン
あなた、帰るぞ
あなた
あなた
ごめん、今日、シュアに呼ばれてて、
先帰ってもいいよ、
ジョンハン
ジョンハン
は?なんの用事で?
あなた
あなた
それはわかんないけど
屋上に来てって
ジョンハン
ジョンハン
ふ、ふーん、分かった、先帰ってるから
あなた
あなた
うん、
駆け足で、屋上までいく
何故かわからないけど、私の胸はドキドキしてて、
自然と早足になってた。
あなた
あなた
おまたせ、シュア。
ジョシュア
ジョシュア
あ、う、うん。
あなた
あなた
なんの用事?
ジョシュア
ジョシュア
あなた、好きです、
俺と、付き合ってくれない?
こんな言葉が飛んでくるなんて、思ってもみなかった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

백
백(べく)です。 よろしくお願いします。 フォローよろしくお願いします! KーPOP 韓ドラ wannable__윤지성
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る