無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

워너원 NU'EST ミニョン 2
しばらくして、インターフォンなって
フラフラの足でとびら開けたら

めっちゃ息切れして、心配そうな顔で
立ってるミニョンがいた。

それに安心して、また泣く。
彼女ちゃん
彼女ちゃん
オッパァァーー、
そんな彼女ちゃんを優しく抱きしめる。
ミニョン
ミニョン
大丈夫だから、
オッパが来たでしょ?
そういって、
肩を支えながらベッドまで連れてってくれる。

泣き疲れたのか、すぐ寝た彼女ちゃん。

その間に冷えピタ貼って、お粥作ってくれる。

それから2日間、しっかり看病してもらって
すっかり元気になった彼女ちゃん。

その次の日にはオッパに熱うつって、
彼女ちゃんに看病してもらったとさ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

백
백(べく)です。 よろしくお願いします。 フォローよろしくお願いします! KーPOP 韓ドラ wannable__윤지성
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る