無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

セブチ ジョンハン 4
あなた
あなた
ただ、委員会の伝達事項伝えられてただけー
なんで、私嘘ついてんだろ、
ジョンハン
ジョンハン
ふーん
きっと疑ってるに違いない、
ジョンハン
ジョンハン
それほんと?
あなた
あなた
嘘つく意味ないじゃんか、ㅋㅋㅋ
ジョンハン
ジョンハン
バレバレすぎ、お前、告られたんだろ
彼女ちゃん
彼女ちゃん
はっ!?
なんで、そう思うの
ジョンハン
ジョンハン
落ち着きないし、しかもシュアから言われたんだわ
なんだ、隠して損した
ジョンハン
ジョンハン
で、付き合ったのか?
彼女ちゃん
彼女ちゃん
まだ返事はしてない、
でも、、断るつもり、
そう言うと、少し驚きながら、
ジョンハン
ジョンハン
なんで、
と。
彼女ちゃん
彼女ちゃん
別に、、理由なんかどーでもいいじゃんか
ジョンハン
ジョンハン
教えろよ、
彼女ちゃん
彼女ちゃん
言わないって
ジョンハン
ジョンハン
なんで
彼女ちゃん
彼女ちゃん
なんでそんなに聞きたいのさ!
なんでこんなにムキになっているのか分からない、
ジョンハン
ジョンハン
お前が好きだから、
なんて顔を赤らめながら。

その言葉に一瞬で、顔が熱くなった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

백
백(べく)です。 よろしくお願いします。 フォローよろしくお願いします! KーPOP 韓ドラ wannable__윤지성
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る