無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

X1 ハンスンウ 1
私、考えました。

オッパに、ドッキリしようと思います。

理由は、
「いつもお子ちゃま扱いされてて(3歳差)、ばかにされてるから」
もう理由がお子ちゃまなこと分かってる。
でも、楽しそうだし、(??)

内容は、至って普通。
その名も
「倒れるドッキリ」です。

YouT○ubeで沢山勉強したので、きっと大丈夫です。
では、オッパが帰ってきたら決行します。
ガチャリ

あ、オッパ来ましたよ!
では、ドッキリ、スターーーート!!
彼女ちゃん
彼女ちゃん
オッパ、おかえりぃぃ
スンウ
スンウ
ただーいま
そう言って、笑顔でほっぺウリウリしてきます。
こんな時でも赤ちゃん扱い。
彼女ちゃん
彼女ちゃん
ゴホッゴホッ...
体調悪い素振り見せときます。
スンウ
スンウ
ん?風邪?
彼女ちゃん
彼女ちゃん
んー、最近なんかあんまり調子良くなくてさ、
そう言うと困り顔になって
スンウ
スンウ
あんま無理しないでよ?
おぉ?いい感じです。
彼女ちゃん
彼女ちゃん
んー、
オッパはソファーにドサッと座ります。
そしてこちらに手を広げ
スンウ
スンウ
おいで〜ウリエギヤ〜
彼女ちゃん
彼女ちゃん
エギじゃなぁいぃ
そう言いながらも、オッパに抱かれます。
落ち着く...

あぁ!忘れちゃいけない、ドッキリ中
彼女ちゃん
彼女ちゃん
ゴホッゴホッ...ゴホッ.......ゴホッゴホッ
スンウ
スンウ
大丈夫?きつい?熱は?
心配すると質面攻めになる癖、変わってないなぁ
彼女ちゃん
彼女ちゃん
多分、いつものやつだからぁ、、、大丈夫
スンウ
スンウ
喋り方もふわふわしてんね
それも狙ったんですよースンウさん?ㅎㅎ

そろそろクライマックスです。
彼女ちゃん
彼女ちゃん
ちょっと気持ち悪い...トイレ行ってくる、
スンウ
スンウ
1人で大丈夫?ついて行こうか?
ほんとに心配してくれてるから、
だいぶ心が痛い...ごめんよ、オッパ
彼女ちゃん
彼女ちゃん
大丈夫、
そう言って、オッパから離れトイレへ。



-続く-

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

백
백(べく)です。 よろしくお願いします。 フォローよろしくお願いします! KーPOP 韓ドラ wannable__윤지성
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る