無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

🦁
言っちゃった、、





なんて、言われるかな、








彼女さん
彼女さん
ふーん。    あのさ、
〇〇
〇〇
はい、
彼女さん
彼女さん
私、てひょんの彼女だから、
〇〇
〇〇
知ってます、、
彼女さん
彼女さん
なら、諦めて、?
彼女さん
彼女さん
久しぶりだなぁ、 
彼女さん
彼女さん
何回もあったの、 こういう事
彼女さん
彼女さん
あなた、何歳?
〇〇
〇〇
16です。
彼女さん
彼女さん
えっ、9歳も離れてるんだよ?
彼女さん
彼女さん
諦める以外なくない?
やばい、 責められてる、





なんて、言えばいいの、






言わなきゃ良かった、








彼女さん
彼女さん
まぁ、そういう事だから。
〇〇
〇〇
ごめんなさい。
彼女さん
彼女さん
諦めてね?
彼女さん
彼女さん
あ、あと!
彼女さん
彼女さん
いい事 教えてあげる
彼女さん
彼女さん
1つがいい? 2つがいい?
てひょんくんに関する事だよね、




いい事 って言ってたし、




2つの方がいいよね、?










〇〇
〇〇
2つで、。
彼女さん
彼女さん
1つ目!
彼女さん
彼女さん
私とてひょん  来年結婚するの、!
彼女さん
彼女さん
2つ目!
彼女さん
彼女さん
さっき、てひょんが逃げたあなたを見て
彼女さん
彼女さん
「きも。」って言ってたよ!
彼女さん
彼女さん
じゃあね、!  
え、。