無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

🦁
私は、不安なまま 病院へ向かった。












私は、お腹をさすり







歩いていた。




















病院_____
























先生
体調 どうですか?
〇〇
〇〇
たまに吐き気がします。
先生
あら、どうしてだろう。
先生
あとで、診てみますね
〇〇
〇〇
はい、
先生
不安な事とかないですか?
先生
最近、産後うつの患者さん多いから、
先生
無理しないでね
〇〇
〇〇
あの、
先生
ん?
〇〇
〇〇
赤ちゃんが、動かなくなったんですけど、
先生の顔が、一気に青ざめたのが







分かった








なに、








怖い。









ますます不安が








増すばかりだ、
















先生
赤ちゃん、見てみましょうか、
〇〇
〇〇
はい…
私は、怖くて、








エコーの画面が見れない。









嫌だ、








赤ちゃん、






どうか、







生きててください。












先生
お母さん、
〇〇
〇〇
はい…
先生
赤ちゃんは、お腹の中に居た、
〇〇
〇〇
そうですか、!
私は、先生の話を遮り







エコーの画面を見た。
























〇〇
〇〇
え、。