無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

🦁
2015年 9月20日








私も、ままも、てひょんくんの事なんて



すっかり忘れてた。



ぱぱも、仕事が変わって、


てひょんくんと会わずに



1年が経った








プルプルプル










"てひょんくん"





スマホの画面に出てきた









私は、もう彼氏もいたし、



未練なんてなかった。





〇〇
〇〇
もしもし、
てひょん
てひょん
〇〇ちゃん、元気にしてた?
〇〇
〇〇
すっごく元気です!
てひょん
てひょん
そっか、!
〇〇
〇〇
どうしたんですか?  急に電話なんて、、
てひょん
てひょん
覚えてない、?
〇〇
〇〇
え?
てひょん
てひょん
あの日から、1年経ったけど?
〇〇
〇〇
何がですか、?
私は、混乱した。




あの日、って何、?








てひょん
てひょん
〇〇ちゃん、今日の1年前に
"私、1年後の今日 てひょんさんと付き合うんで"




"覚悟しててください"





※ 14話参照
てひょん
てひょん
って、言ってくれた
てひょん
てひょん
あの日から、1年だけど、
〇〇
〇〇
何言ってるんですか、
てひょん
てひょん
僕、彼女もずっとつくってないし、
てひょん
てひょん
前の彼女とも別れた、
てひょん
てひょん
〇〇ちゃんの事ばっか、考えてたよ、
〇〇
〇〇
変な事言わないでください。
〇〇
〇〇
私もう、彼氏いるし、
てひょん
てひょん
え、
てひょん
てひょん
別れて、
〇〇
〇〇
なんで、
もう、意味わかんない。



何言ってんの、








てひょん
てひょん
ねぇ、好きだよ?