無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

🦁
〇〇
〇〇
赤ちゃん、
〇〇
〇〇
死んじゃった。
その言葉を聞いた瞬間






僕は、膝から







崩れ落ちた。







絶望






その言葉が







僕の頭を埋めつくした。




















てひょん
てひょん
先生は、なんて、?
〇〇
〇〇
繋留流産
〇〇
〇〇
赤ちゃん、お腹の中に居たの
〇〇
〇〇
でもね、
〇〇
〇〇
心臓が動いてなかった。
〇〇
〇〇
ごめんなさい。
てひょん
てひょん
泣かないで
てひょん
てひょん
誰も悪くない
てひょん
てひょん
赤ちゃんも、〇〇も
てひょん
てひょん
この数ヶ月
てひょん
てひょん
僕達を
てひょん
てひょん
"まま"と"ぱぱ"
てひょん
てひょん
にしてくれた
てひょん
てひょん
感謝しよう?
てひょん
てひょん
手術はいつ?
〇〇
〇〇
明後日
てひょん
てひょん
明後日までは、お腹の中に居るんだよ?
てひょん
てひょん
ありがとう をたくさん
てひょん
てひょん
伝えよう。
僕も、泣きたかった






でも、








〇〇を支えなきゃ。








年上だから、。