無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🦁
彼女がいるんだ。




諦めなきゃ。





泣きそうだった。








なのに、








てひょんくんは、お構い無しに









彼女さんの話をした。










聞きたくない。






聞きたくないよ。









〇〇
〇〇
聞きたくない。
てひょん
てひょん
え。
てひょん
てひょん
ごめん、
もう、どうなってもいいや、



諦めないといけないんだよ、










てひょん
てひょん
惚気話とか、キモいよね、笑
てひょん
てひょん
ごめん、下降りておくね、
そうじゃない、





キモくなんかないよ、





ただ、




悔しくて、







初恋だったのになあ。。










〇〇
〇〇
実らないんだああ。
今にも、瞬きをしたら





垂れてきそうで、、










〇〇
〇〇
辛いなあ、
9月15日







私は、てひょんくんの事を忘れられなかった。







そんな簡単に、忘れられないよ、









初恋の人だもん、










ぱぱ
ぱぱ
〇〇、!  見て!
〇〇
〇〇
?
ぱぱ
ぱぱ
これ!笑
〇〇
〇〇
んっ、。
まま
まま
なーに? ぱぱ
まま
まま
えっ、。
まま
まま
これって、、
まま
まま
てひょんくん、彼女いたの?
ぱぱ
ぱぱ
そうだよ、!   毎日、愛妻弁当で
ぱぱのスマホの画面には



てひょんくんとのトーク画面で、





彼女さんとの2ショットが送られてきてた。









〇〇
〇〇
もう、やだっ、。