無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

🦁
てひょんくんにたくさん教えてもらった。

ついでに、世間話とかもした。



てひょん
てひょん
自慢なんだけどさ
てひょん
てひょん
僕、高校の時に留年しかけた友達に勉強教えて、留年せずに済んだんだよ〜!
いっぱい 話を教えてもらった。





私は、意を決して聞いてみた。









〇〇
〇〇
彼女は、いるんですか、?
居ないで。って何回も願った。



願ったのに。。




願ったのに。。














てひょん
てひょん
いるよ!
たったの3文字で、


終わった、












〇〇
〇〇
そうなんですね、。