無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

🦁
嫌だ。








そう、心から












思えなかった。











むしろ









それが、私達の











ゴールのようで、












謎の達成感があった。











安心した。











変な感じ。
































〇〇
〇〇
うん。
てひょん
てひょん
〇〇も、もういい?
てひょん
てひょん
もう、何も言わなくていい?
〇〇
〇〇
うん。
てひょん
てひょん
そっか。
〇〇
〇〇
荷物、
〇〇
〇〇
まとめてくるね、
てひょん
てひょん
あ、うん。
今すぐに





"離婚"








をするのは、早いかな、










別居










その方がいいのかな、












どうなんだろ、





















やっぱり






難しい













男女って。