無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🦁
でも、この恋はすぐにゴールが見えた。






2014年 9月2日






まま
まま
ねぇ。〇〇!
〇〇
〇〇
んー?
まま
まま
今日、てひょんくんが家に来てくれるんだって!
〇〇
〇〇
そうなの!?
まま
まま
勉強得意らしいから、教えて貰ったら?
〇〇
〇〇
ああ、うん。
やばい。



2人っきりじゃん。。


心臓がバクバクする笑










p.m.18:00

てひょん
てひょん
おじゃまします!
やばい。。

来たよおおお。。








ぱぱ
ぱぱ
ただいま、〇〇  まま
まま
まま
おかえり
〇〇
〇〇
おかえり〜
ぱぱ
ぱぱ
〇〇、てひょんに教えてもらうんだろ?
ぱぱ
ぱぱ
勉強
〇〇
〇〇
うん、
てひょん
てひょん
あ、じゃあ、今から1時間くらいしよっか!
〇〇
〇〇
はい!
私は、ドキドキしてた。


仲良くなれたらな。なんて、