無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

虚を見ていた
太宰治
そ、れ、で、は〜!?先ずは乱歩さんに聞いてみよ〜!
太宰は乗り気だった。
────が、少女の方はあまり乗り気ではないようだった。
文珠朱里
文珠朱里
……
太宰治
谷崎君、乱歩さんはどこにいるか分かる?
突然話を振られ、ビクッと肩を揺らす谷崎。
谷崎潤一郎
へっ!?ボクですか!?
谷崎潤一郎
えっと…先程、社長室に行きました。社長も其方にいるかと…
太宰治
おお!なんというベストタイミング!
そんな事を言いながら、太宰と少女は社長室へと消えていった。
谷崎潤一郎
…なんか、やっといつもの騒がしさが戻ってきた感じですね
苦笑しながら、谷崎は呟く。
国木田独歩
そうか?俺の時間がこんなにも予定通りに進んだのは久しぶりだ。もう暫く失踪していていいのだが…!
こうは言っているが、谷崎は知っていた。
国木田が1番、太宰の行方を気にかけていた事を。
国木田独歩
ところでd…
影日暖
影日暖
どうしましたか?
谷崎潤一郎
暖さん!いつから起きてたンですか?
影日暖
影日暖
太宰さんが来た頃です。騒がしくて目が覚めました。
国木田独歩
ったく、起きていたのなら声を掛けろ…
影日暖
影日暖
ああ、それはすいません、で、先程国木田さんは何を言おうとしていたのですか?
国木田独歩
…太宰が連れていたあの少女、何か妙じゃないか?
谷崎潤一郎
妙…とは?
影日暖
影日暖
分かる気がします
影日暖
影日暖
ずっと空を…虚を見ているかのような目でした
谷崎潤一郎
言われてみれば…そうかも知れませンね
国木田独歩
おまけに、先刻一言「ケンカは大丈夫か」と声をかけられたが…
国木田独歩
全くもって心配している様な心情は感じられなかった…
谷崎潤一郎
…まァ、ボクは太宰さんが連れて来た子なので大丈夫だと思います!
影日暖
影日暖
ええ、私もそう思います
国木田独歩
今は様子見だな
──────こうして、社員一同は「今は大丈夫だろう」という結論に至った。









­­­--­­-✄­­--­­--­­--キリトリセン­­--­­--­­--✄­­--­­-
はい、2話終わり!
今2人オリキャラ出してます!
説明忘れてたので今します()
オリキャラって言っても、私が考えたのは1人です
ほか3人は他の方から募集をして借りました!
よし、オリキャラ紹介しよう!
まずは、この作品の主人公、私が考えたオリキャラから!



名前:文珠 朱里(モンジュ アカリ)
年齢:19
異能力:『空白』
①異能者の名前を聞いたことがある(忘れていても可)
②異能力名を聞いたことがある(以下同文)
③異能者に触れたことがある(以下同文)
以上の条件を満たす事で、相手の異能力をコピーし、発動することが出来る。

元ポートマフィア構成員。だが、探偵社に来る前の記憶が抜けており、感情を感じることが出来ない。





次はリンヒナさんから借りた子です!


名前:影日 暖(カゲニチ ヒナタ)
年齢:18
異能力:ゆりかご
相手を異能力で強制的に眠らせ、幸せな夢を見せる。

優しく、探偵社のママのような存在。社長にスカウトされて探偵社に入る。
異能力の影響か常にその瞼は重い。




以上が探偵社所属の子たちです!
あと2人ポートマフィア所属の子が居るのですが、その2人はもう少し話を進めて登場してから紹介しますね!