無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

部活
放課後
みずき
みずき
あなた今日用事があって部活休むから増田先輩に伝えて置いて。
私
了解!
部活
私
増田先輩!
増田先輩
増田先輩
おう!あなたどうした?
私
今日みずきが用事があって部活休むそうです。
増田先輩
増田先輩
分かった。教えてくれてありがとう!
私
いえいえ…
こうして部活が始まり、部活終了
伊野尾先輩
伊野尾先輩
あなた!今日この後空いてる?
私
あ、空いてますよ…
伊野尾先輩
伊野尾先輩
ちょっといい?
私
はい…
増田先輩
増田先輩
(あの二人何してるんだろう…ちょっとついて行ってみよー…)
ある教室の黒板の前
伊野尾先輩
伊野尾先輩
あなた。俺と付き合ってほしい。
私
え。
伊野尾先輩
伊野尾先輩
初めてあった時から好きだった。
私
あ…ありがとうございます。
私の肩に先輩の手がのる
伊野尾先輩
伊野尾先輩
あなた。
先輩と顔が近くなる。
すると…
???
俺のあなたに近づくな!
私
増田先輩!
伊野尾先輩
伊野尾先輩
なんでお前がいるんだよ…
増田先輩
増田先輩
お前俺のあなたに何するんだよ。
伊野尾先輩
伊野尾先輩
は?
私
いや…違うんですぅ…
増田先輩
増田先輩
俺たち付き合ってるんだ。
私はとても困ってる。
伊野尾先輩
伊野尾先輩
あなたの顔みてみ。困ってるだろ。
増田先輩
増田先輩
あなたそんなことないよな?
私
・・・。
伊野尾先輩
伊野尾先輩
ほらな。だからお前に構って欲しくないんだよ。
増田先輩
増田先輩
そっか…あなたごめんな。
私
いや…違うんです…
増田先輩
増田先輩
じゃあ昨日の事は忘れて。
私
え?
増田先輩がこの部屋を後にした。
伊野尾先輩
伊野尾先輩
じゃあこれから僕のものだね。
私
なんでそんなこと言ったんですか?
伊野尾先輩
伊野尾先輩
それはあなたが俺の彼女になってほしかったからだよ❤️
私
そうなんですね…
伊野尾先輩
伊野尾先輩
あなた大好きだよ♡♡
私
ありがとうございます…
伊野尾先輩
伊野尾先輩
LINE交換してもらってもいい?
私
いいですよ…
伊野尾先輩とLINE交換した。
伊野尾先輩
伊野尾先輩
これからよろしくね!
私
はい…
壁ドン
伊野尾先輩
伊野尾先輩
元気ないねー。
お仕置きねっ!
チュッ
私
え?
伊野尾先輩
伊野尾先輩
じゃあ明日ね!
ウィンク
私
ありがとうございました!
ちょっと怖いな…伊野尾先輩

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

명 ___ʚ❤ɞ
명 ___ʚ❤ɞ
BTSLOVE😊💞💐 お気に入りといいねをよろしくお願いします!見ての通りシュガ推しです🐹💕 よろぴくお願いします!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る