無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

壁ド……あれ?
 この流れはまずい。少女漫画でよく見るアレだ。女の子なら一度は憧れるシチュエーション。そう、壁ドンだ。

 私の心臓が持たない!!!
 でも、壁に追い詰められた以上、ほぼ身動きはとれない状況だ。

 どんどん彼の顔が近づいてくる。そのたびに心臓が暴れて若干息苦しい。
 我が、人生に、悔いなし……。
謎の男子生徒
ブラをしているのか?
 











 ……今、何て?


 あ、心臓がうるさすぎてよく聞こえなかったんだ。うん、そうだそうだ。
山本 萌
ごめん、もう一度言って?
謎の男子生徒
ブラはしているのか?
 










 ……どうやら、私の耳は正常なようだ。
 







































 これ、どう答えれば正解なの!?