無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

放課後の教室
明るい女子生徒
今日どっか寄ろうよ!
丸刈りの男子生徒
部活ダリーなあ
茶髪の女子生徒
新作飲みに行かね?
背が高い男子生徒
帰って塾の予習しないと……
 放課後の教室は街中みたいにガヤガヤしている。
 どこに寄り道するのだろう。

 定番のカラオケかな。それとも、最近噂のタピオカ専門店かな。
 今回の新作は、やっぱり夏がコンセプトかな。
 県大会があるから、練習ハードなんだろうな。
 もしかして、彼が中間テストで1位だったのかな。
 耳に入ってくる他人事について勝手に妄想しながら、私はせっせと鞄に教科書やノートを詰め込んでいた。
 あの子に絡まれる前に、ロッカーにしまって帰る教科書をまとめなくてはならないからだ。










木下 貴子
もえちゃ~ん
 はあ、今日も間に合わなかった……。