無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2
湊 麗華
湊 麗華
え…と




や、やばい なにか話さないと…
藤間 流
藤間 流
聞こえたんだけど男子に免疫ないの?


そ、それも聞こえたんかい
湊 麗華
湊 麗華
ま、まぁね


威張ることではない
藤間 流
藤間 流
じゃあ 俺で耐性つけてみる?
湊 麗華
湊 麗華
ん?
湊 麗華
湊 麗華
いやいや なんであんたみたいなブスn((
湊 麗華
湊 麗華
え!?

そこにはめちゃくちゃイケメンの男の子がいた
藤間 流
藤間 流
久々に学校で外したわ
藤間 流
藤間 流
この度めちゃくちゃ強いメガネ
湊 麗華
湊 麗華
ふ じまだよね?
藤間 流
藤間 流
うん
藤間 流
藤間 流
で、どーするの?俺で耐性つけないで陰キャだったことバレても知らないよ?
湊 麗華
湊 麗華
うっ…


このままだと確かにバレてしまうことがある


だけど こいつに頼むのは…



でも…!!
湊 麗華
湊 麗華
わかった
じゃあお願いします
藤間 流
藤間 流
こちらこそよろしく


ニコッと藤間が微笑んだ


めちゃくちゃイケメンやん こいつ