無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

5

パシャパシャと水道の水を出しながら顔を洗う






藤間 流
藤間 流
タオル


まって今すっぴん…
湊 麗華
湊 麗華
あ りがと



ふ、藤間の方向けない…



コンタクトも取っちゃったし


髪適当に三つ編みしちゃったし
藤間 流
藤間 流
何してんの…?


そのままあたしの肩を掴んで回れ右をさせた


お、終わった…
藤間 流
藤間 流
だいじょぶそ?


すっぴん見ても何も言わないの…?



笑わないの…?
湊 麗華
湊 麗華
うっ グスッ
藤間 流
藤間 流
え、なんで泣いてんの


少し焦ったようにオロオロする藤間
湊 麗華
湊 麗華
グスッ いや
すっぴん見ても笑わないんだなぁって…カンドーしちゃって
藤間 流
藤間 流
ふっ 変なやつ


微笑んだ藤間の顔はカッコよかった










あたし 藤間にドキドキしてる…?