無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1



それは放課後図書閲覧室にいた時だった




中々男子と話せない…このままではボロが出てしまう…



そう悩みながら スマホのカメラロールをスクロールしていた時だ
湊 麗華
湊 麗華
あ、これすんごいブサイク笑


それは中学校の時に初めていとことプリクラを撮った写真


メガネをかけていて歪んでいるし、前髪がもっさりとしていて目がほとんど見えていない




外見はあの時から変わったと思う



だけど…









湊 麗華
湊 麗華
性格全然変わってない…


男子とは昔から話せない…というか怖い



甘い声出しながらボディタッチが激しくて


気持ち悪いって思っちゃう




…ん?


気の所為かな 視線を感じる


私がいたのは窓際の席



窓は空いている


湊 麗華
湊 麗華
まさか…!


ちっちゃく呟き 窓の外を見る
藤間 流
藤間 流
あ、見つかった
湊 麗華
湊 麗華
ふ…じま


そこにはクラスの陰キャ 藤間 流ふじま ながれ
藤間 流
藤間 流
湊サン ブスだったんだねぇ笑


さ、最悪