無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

恐怖体験
昨日、私の身に起きた恐怖体験をお話しします…








昨日、3時間目、授業が技術だったので技術室へ行きました…







しかし、技術室だけではノコギリを使用するのにスペースが足りないため、木工室も使うことになりました……







そして私と友達のmは木工室で作業をしてました…








そして授業が終わる10分前、隣の技術室から先生が来て「そろそろ掃除してね〜全員終わったらあいさつするから!」と言いました…






そして私とmは掃除を始めました……






それから7分後、部屋の電気が消えたのです!(誰かが消した笑)






なので、そろそろ時間かと思い2人でゴミをゴミ箱に入れました。






と、その時です…!
隣の部屋から声が聞こえてきました……







その内容に私とmは驚きを隠せませんでした…







そう、隣の技術室から聞こえたのは…先生の…







「よし、全員揃ったね!日直、あいさつ!」


日「これで3時間目の技術を終わります!終わりましょう!」







…という声だったのです笑







存在を忘れられたという怖い話でした☆ちゃんちゃん☆