無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第13話

Epilogue
私と拓海は、付き合うことになった。
全校生徒公認の仲だ。
茉莉とも仲直りして、親友に戻った。
私はもう、お姫様にならないなんて言わない。
拓海が王子様になってくれたから。
拓海のお姫様だから。
今なら、はっきりと伝えられる。
君に恋してるって言えるよ。