無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prologue
見ているだけで、いいって思った。
君の笑顔を見つめているだけで。
この想いは胸にしまって。
仲の良い、幼なじみとして。
これからも、ずっとーー。
君に恋してるって言えない。