無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

佐伯君の一言
学祭準備期間になった。
衣装係は教室で、衣装のデザイン決めをしている。
同級生
同級生
じゃあ、コンビニ買い出し行く人決めるよー!
じゃーんけーん…ぽんっ!
───────────────────────
(なまえ)
あなた
もうっ、ついてないなぁ
見事じゃんけんに負けた私は、衣装係の食料調達のため、近くのコンビニに買い出しに行かせられた。
佐伯努(さえきつとむ)
佐伯努(さえきつとむ)
(なまえ:名字)さん
(なまえ)
あなた
あ、佐伯君
彼は同級生の佐伯努(さえきつとむ)君。
拓海と仲が良く、クラスのムードメーカー的存在だ。
佐伯努(さえきつとむ)
佐伯努(さえきつとむ)
(なまえ:名字)さんも買い出し?
(なまえ)
あなた
うん
佐伯努(さえきつとむ)
佐伯努(さえきつとむ)
俺も大道具係の買い出しなんだよ
一緒に行こうか
荷物持つよ
(なまえ)
あなた
ありがとう
───────────────────────
佐伯努(さえきつとむ)
佐伯努(さえきつとむ)
(なまえ:名字)さん、いっぱい買ったんだな
女子って、そんなに食うのか?
(なまえ)
あなた
もうっ、そんなに食べるの!
佐伯努(さえきつとむ)
佐伯努(さえきつとむ)
あはは
(なまえ:名字)さんって、拓海と幼なじみなんだよな?
(なまえ)
あなた
そうだよ
拓海から聞いた?
佐伯努(さえきつとむ)
佐伯努(さえきつとむ)
ああ
大人しく見えるけど、本当はしっかり者だって言ってた
あと、小さい時はヤンチャだったって
(なまえ)
あなた
そんなこと言ってたの?
恥ずかしいなぁ
佐伯君が、声のトーンを落とした。
神妙な口振りで尋ねる。
佐伯努(さえきつとむ)
佐伯努(さえきつとむ)
拓海と(なまえ:名字)さんってさ…
その、付き合ってんの?
(なまえ)
あなた
えっ!違うよ!
(なまえ)
あなた
拓海のことを好きなのは茉莉
佐伯努(さえきつとむ)
佐伯努(さえきつとむ)
そうなのか?
確かに柳瀬さん、拓海とよく喋ってるよな
佐伯努(さえきつとむ)
佐伯努(さえきつとむ)
じゃあ…俺にもチャンスあったりする?
(なまえ)
あなた
え?
佐伯努(さえきつとむ)
佐伯努(さえきつとむ)
いや、何でもない
行こう
(なまえ)
あなた
(佐伯君、どうしたんだろ?)