無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

近くて遠い君
須藤拓海(すどうたくみ)
須藤拓海(すどうたくみ)
おはよーっす!
同級生
同級生
よーっす、拓海!
同級生
同級生
おはよ♪
私と幼なじみの須藤拓海(すどうたくみ)は同じクラス。
2年A組。
いつもの朝の風景。
人気者の拓海は、いつも皆に囲まれている。
私はそんな彼を、本を読むフリをしながら、自分の席から眺めている。
柳瀬茉莉(やなせまり)
柳瀬茉莉(やなせまり)
(なまえ:下の名前)、おはよう!
(なまえ)
あなた
あ、茉莉
おはよう
この子は親友の柳瀬茉莉(やなせまり)。
明るく元気な子で、今年同じクラスになったのがきっかけで、一緒に行動するようになった。
柳瀬茉莉(やなせまり)
柳瀬茉莉(やなせまり)
あ~、拓海、今日もカッコいいな♥
(なまえ)
あなた
…茉莉、本当に拓海が好きなんだね
柳瀬茉莉(やなせまり)
柳瀬茉莉(やなせまり)
だってイケメンだし、皆に優しいし♪
(なまえ:下の名前)、幼なじみだなんて、うらやましいよ!
(なまえ)
あなた
そうかな
茉莉は今年初めて同じクラスになった拓海に、片思いをしている。
体育祭で転んだ茉莉を、拓海が救護室に連れていってくれた。
それ以来、茉莉は拓海のことが好きだ。
茉莉と拓海は、二人共明るくて、太陽みたい。
とてもお似合いの二人だ。
だから私はーー、
拓海から、身を引くことにしたんだ。