無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

告白
今日もドレスの製作。
皆はもう帰っちゃったけど、私はキリの良いところまで仕上げることにした。
(なまえ)
あなた
(夕焼け…もう暗くなってきたし、このくらいにしておこうかな)
佐伯努(さえきつとむ)
佐伯努(さえきつとむ)
(なまえ:名字)さん
(なまえ)
あなた
あ、佐伯君
(なまえ)
あなた
佐伯君も残ってたんだ
佐伯努(さえきつとむ)
佐伯努(さえきつとむ)
ああ…
ちょっといい?
(なまえ)
あなた
なぁに?
佐伯努(さえきつとむ)
佐伯努(さえきつとむ)
あのさ、俺…
佐伯努(さえきつとむ)
佐伯努(さえきつとむ)
(なまえ:名字)さんのことが好きだ
(なまえ)
あなた
えっ?
佐伯努(さえきつとむ)
佐伯努(さえきつとむ)
俺と付き合って欲しい
(なまえ)
あなた
……えっ、と…
佐伯努(さえきつとむ)
佐伯努(さえきつとむ)
学祭終わったら返事聞かせて
それじゃ
(なまえ)
あなた
佐伯君…
(なまえ)
あなた
(びっくりした…)
佐伯君は優しい人だ。
付き合ったら、きっと楽しい。
拓海を諦めると決めたんだから、私も新しい恋をしなくちゃ。
(なまえ)
あなた
(でも…)
(なまえ)
あなた
(何でだろう、胸が苦しいよ)