無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第6話

なんか違う…
1,104
2018/09/09 08:27
??
しょーうー
??
ギュッ)
〇〇
え、え!
平野紫耀
平野紫耀
もう、玄樹飲み過ぎ…
岩橋玄樹
岩橋玄樹
うるさいー…
岩橋玄樹
岩橋玄樹
何で来たのぉ?
〇〇
あ、さっきまでちょっとたこ焼きパーティーしてて、それでその…差し入れです。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
あ、そうなんだ…
岩橋玄樹
岩橋玄樹
君、可愛いね♪
〇〇
え、!
さっきと全然違うじゃん!!(゜ロ゜;ノ)ノ
岩橋玄樹
岩橋玄樹
ギュッ)
〇〇
うわっ///
平野紫耀
平野紫耀
ちょ、玄樹!!あなたに抱きつくな!
岩橋玄樹
岩橋玄樹
何?ヤキモチ妬いてんの?
〇〇
え!
しょうがヤキモチ!?
私に…!?
岩橋玄樹
岩橋玄樹
やだっ離れないー
玄樹くん、キャラめっちゃ変わってる!!なんか今は可愛いすぎ!!
〇〇
なんか玄樹くん可愛いね♪
岩橋玄樹
岩橋玄樹
あなたの方が可愛いよ!
〇〇
そんなことは絶対に無い!!
岩橋玄樹
岩橋玄樹
そうかな?
平野紫耀
平野紫耀
ほら、たこ焼き…
岩橋玄樹
岩橋玄樹
あ、ありがと♪
平野紫耀
平野紫耀
あなた、帰るよ…
〇〇
う、うん。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
バイバイ))
〇〇
バイバイ))
しょう…さっきから静かだなどうしたんだろ?
〇〇
しょう!!
平野紫耀
平野紫耀
あ、ゴメンボーッとしてた
〇〇
さっきから変だよ、大丈夫?
平野紫耀
平野紫耀
うん。大丈夫
〇〇
じゃあ配り終わったことだし帰ろっか…
平野紫耀
平野紫耀
そうだね…
平野紫耀
平野紫耀
なぁ、
〇〇
なn……
平野紫耀
平野紫耀
ギュッ)
〇〇
へぇ?
〇〇
し、しょうも酔っちゃった?////
平野紫耀
平野紫耀
俺今日お酒飲んでないよ…てか、あんまり飲めないし…
〇〇
じゃあどうしたの?
平野紫耀
平野紫耀
分からないんけど、
なんかあなたの事ギュッってしたくなった。
〇〇
そんなことあるんだね…
平野紫耀
平野紫耀
俺も今はじめて!
〇〇
そっか、   ていうかもうそろそろ離して!
平野紫耀
平野紫耀
嫌なの(´・ω・`)
〇〇
あ、いやー、そんなことはないけど
そんな顔して見ないでよぉー!!
平野紫耀
平野紫耀
じゃあ後ちょっとだけ…
〇〇
うん
平野紫耀
平野紫耀
あなた暖かいね♪
〇〇
そりゃ夏なんだし体温上がるでしょ
平野紫耀
平野紫耀
そっか♪
〇〇
笑笑そうだよ
平野紫耀
平野紫耀
はい、もう終わり!!
〇〇
よし、やっと離れた!!
平野紫耀
平野紫耀
喜ぶなよ~…
〇〇
じゃあまた明日ね…
平野紫耀
平野紫耀
でもあなた明日学校でしょ。
〇〇
そっか、海人と一緒に行くんだった!!
〇〇
めっちゃドキドキするー!?友達出来るかなぁ?
平野紫耀
平野紫耀
あなたなら、100人くらい出来そうだね。
〇〇
それは、多すぎ!!
平野紫耀
平野紫耀
そう?
〇〇
うん。
平野紫耀
平野紫耀
じゃあね、俺も明日仕事あるし…
〇〇
え!?しょう仕事してたの?
平野紫耀
平野紫耀
うん。そりゃそうでしょ、ニートだと思ってたの?
〇〇
いや、それはないけど…
平野紫耀
平野紫耀
俺カフェで働いてるんだ♪だからまた来てよ♪
〇〇
うん。しょうがいたら繁盛しそうだね、
平野紫耀
平野紫耀
何で?
〇〇
いや、だってファンとかいるんでしょ
平野紫耀
平野紫耀
うん。ちょこっと
〇〇
ファンの人達がいっぱい来てくれるんじゃないの?
平野紫耀
平野紫耀
まぁ、そうなのかな?
〇〇
たぶん?
平野紫耀
平野紫耀
まぁ、いいや
平野紫耀
平野紫耀
じゃあおやすみ!!
〇〇
おやすみ
自分の部屋に帰ろっと。
うん?
部屋の前に…誰かいる?
え、誰?
〇〇
あ、あの~…
岸優太
岸優太
あ、ちょ聞いて部屋にゴキブリがいてそれで薬まこうと思ったらぶわーってまきすぎちゃって家の中にヤバイのだから泊めて!?
〇〇
えぇーっ
岸優太
岸優太
そんないやがんなよ…
〇〇
他の人の所いけば良いじゃん
岸優太
岸優太
全員に断られたんだよ…
最後の望みはあなただけだ頼む!!
〇〇
分かったよ……
??
なぁ、
〇〇
!?
??
俺も泊めて!!






えーーーーーーーー!
まさか、君が来るとは!







**************************************************