無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

ごめんな
ンダホ
ンダホ
シルク、結構落ち込んでるな。
マサイ
マサイ
そりゃそうだろ。あいつめちゃくちゃ妹思いだろ?
モトキ
モトキ
シルク⁉︎
マサイ
マサイ
モトキ…
マサイ
マサイ
シルクは向こうにいるぜ。
シルク
シルク
はぁはぁはぁはぁは
モトキ
モトキ
シルク、吸って吐いて。
深呼吸だよ?
シルク
シルク
ごめん。ありがと。ちょっと落ち着いたわ。
モトキ
モトキ
あなたは?
シルク
シルク
まだ意識は戻ってないけど体中傷だらけで、医者もいじめられてたんじゃないかって言ってた。
シルク
シルク
俺悔しいんだ(泣)あいつを守ってやれなかった。
ンダホ
ンダホ
シルク、泣きたい時は泣いたらいいからな。
ンダホがシルクの背中をさする。
マサイ
マサイ
そうだよ。リーダーだからって泣いちゃダメだとか1人で抱え込まなくちゃならないとかそんなルールないって。
モトキ
モトキ
俺らをもっと頼れ、な?
シルク
シルク
モトキ、やっぱお前癒し系だわ
シルク
シルク
だってその目、めちゃくちゃ可愛いし。
モトキ
モトキ
おい、お前今かよ!
マサイ
マサイ
wwwwwww
シルク
シルク
wwwwwww
モトキ
モトキ
wwwwwww
ンダホ
ンダホ
wwwwwww
どーもこんばんは!
今夜はちょっとバタバタしてて、亀更新になってしまい申し訳ありませんでした。
さて次回は安心です。
では、モトキよろしく!
モトキ
モトキ
はいっ!いくよーっ
モトキ
モトキ
せーのっ     アデュー!