プリ小説

第9話

安心
シルク
シルク
あなた、戻るよな?
ンダホ
ンダホ
大丈夫だよ。
モトキ
モトキ
俺らもそばにいるしさ。
マサイ
マサイ
あなたって強いんだろ?
シルク
シルク
うん。あいつは強い。いじめられてもここまで耐えたんだ。戻ってくるわ。
そう言って、シルクはあなたの手を強く握った。
その時だった。
ピクッ
あなた

んー

シルク
シルク
あなた‼︎
あなた

お兄ちゃん?

あなた

みんなも。

あなた

ここはどこ?

マサイ
マサイ
病院だよ。
ンダホ
ンダホ
あなた、倒れたからさ。
あなた

そっか。私倒れたんだ。

シルク
シルク
なぁあなた。お前いじめr…
モトキ
モトキ
でも無事で本当に良かった。
ンダホ
ンダホ
シルク、我慢して。今のあなたの精神状態からしたらあなたはだいぶ辛かったと思うから。
もちろん肉体的にもね。(小声)
シルク
シルク
う、うん。落ち着いてから聞くわ。(小声)
あなた

痛っ!

モトキ
モトキ
どうした?
あなた

ううん。何も無い。
(いじめられてるなんてバレたら心配かけちゃうよね。)

モトキ
モトキ
そっか。
シルク
シルク
でもとにかくあなたの意識が戻って安心したわ。
ンダホ
ンダホ
そだな。
マサイ
マサイ
それ言うならそだねーじゃないの?
ンダホ
ンダホ
あっそうか。
みんな
みんな
wwwwwww
どーもハートです!
早い時間に更新すいません!今日は学校があって、更新できる時間がもしかしたらないかもしれないので今更新しました。さて今回はあなたさんの意識が戻ったところで終わりました。
次回は、いじめについてと言うあなたさん視点からです。
では最後マサイ人よろしく!
ンダホ
ンダホ
お前だよ!
マサイ
マサイ
あっ俺か! て言うかさ俺マサイ人じゃねーんだけど!?
ごめんって。最後の挨拶よろしく、マ    サ     イ       !
マサイ
マサイ
わかったよー
せーのっ!
マサイ
マサイ
アデュー!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ハート
ハート
Fischer’s love(きぬたみ)です。中級者です。よろしくお願いします。温かく見守ってください。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る