無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

SOS
あなた

(ふぅ、今日も終わった。いたっ。傷が痛むなー)

マサイ
マサイ
(あれ?あなたじゃん)
マサイ
マサイ
おーい、あなた!
あなた

(ん?マサイ?手振らなきゃ)

バタッ
マサイ
マサイ
あなた、あなたしっかりして!シルクー!だほー!
シルク
シルク
どうした?マサイ。
マサイ
マサイ
あなたが、あなたが今目の前で倒れちゃって。
シルク
シルク
おい、あなたしっかりしろ!ん?
シルクはあなたの足首にある大量の傷を見つけた。
シルク
シルク
こいつ、虐められてたのか…
ンダホ
ンダホ
救急車呼ぼ
シルク
シルク
おう。
シルク
シルク
ごめんな。お前のSOSに気付けてなくて。兄ちゃんが守れなくてごめんな…
マサイ
マサイ
シルク、俺らにも責任あるよ。ずっといたのに気付けなくてごめん。
ンダホ
ンダホ
俺もごめん。
シルク
シルク
いいって。救急車きたわ。
数十分後あなたとシルク達は救急車に運ばれ、病院に着いた。
どーもハートです♥️!
実はあなたさん虐められてたのね…
もうシルク達に言いなさい!って言っても言えないものなんだよねー。多分。
次回はごめんなです。
では最後、シルクよろしく!
シルク
シルク
(泣)じゃあせーのっ
シルク
シルク
アデュー…