プリ小説

第22話

告白
シルク
シルク
おーい!あなた?ちょっと来て。
あなた

なにー?今テス勉中何だけど。

シルク
シルク
ごめん。大事な話だから来て。
あなた

どうしたの?お兄ちゃんが呼び出すなんて珍しいね。

シルク
シルク
今からお前、俺の女な。
あなた

はっ?

シルク
シルク
俺と付き合って。
あなた

…ちょっとンダホの家行って来るね。

ピーンポーン
ンダホ
ンダホ
はーい。あなたじゃん。入って。
あなた

うん。

ンダホ
ンダホ
それでどうしたの?シルクになんかされた?
あなた

お兄ちゃんに告白された。

ンダホ
ンダホ
えっ?シルクが?
あなた

うん!私、どうしたらいいか分からなくなって。

ンダホ
ンダホ
そりゃそうだよ。
あなた

お兄ちゃんを困らせちゃった。

ンダホ
ンダホ
大丈夫。俺からLINEしとくから。
居たいだけ居て良いよ。
あなた

ありがとう。

Fischer’s LINE
ンダホ
ンダホ
シルク
シルク
シルク
あっ、だほあなたがそっちに居るよな。
ンダホ
ンダホ
うん。全部聞いたよ。
一応あなたには居たいだけ居て良いって言ったから、
連絡するからその時に来て。
シルク
シルク
分かった。ありがとΣd(ゝ∀・)ァリガトォ♪
ンダホ
ンダホ
いいって。
私は確かにお兄ちゃんの事が大好き。
だけどこう言う“好き”なのかな。
恋愛感情はあるのかな。































































































































































































































次回、返事







シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ハート
ハート
Fischer’s love(きぬたみ)です。中級者です。よろしくお願いします。温かく見守ってください。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る