無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

恋の充電完了いたしました。
まふまふside
そらる
そらる
恋愛自由になったわけだけど、好きな人とかいんの?
そらるさんがあなたに聞く。
…………あなたに、好きな人…

いてほしくないな…。
そんな事を考えながらあなたの方へ目をやる。
あなた
あなた
好きな人なんていないですよ!
そう言いながら、首をブンブンと横に振るあなたの頬は真っ赤に染まっていた。


………嘘下手すぎでしょ。
まぁ、そんなところも可愛いんだけど。
そらる
そらる
………ふーん…。
そらるさんがあなたを白い目で見る。
あなた
あなた
な、何ですか……
そらる
そらる
本当は?
あなた
あなた
!?い、いないですよ!!
あなたはあくまでも『いない』で押し通すつもりらしい。
天月
天月
…………え…
隣で『え…』という声をあげた天月君は
ショックを受けているようだった。
あなたの『いない』という答えが嘘だということに気がついていないらしい。
うらたぬき
うらたぬき
……いないのか…
そうボソッと呟いたうらたさんも
あなたの答えが嘘だということに気がついていないようだ。
坂田
坂田
えー!?おらんのー??
坂田君はもちろん気がついていない。
あなた
あなた
い、いないよ!!
それよりも、早く帰ろう?
まふまふ
まふまふ
あ、うん。そうだね!
露骨な話題そらし。
でも、僕にはまだ手があった。
まふまふ
まふまふ
あなた、途中から道違ったよね?
僕が送ってくよ!
あなた
あなた
え……
天月
天月
なっ……!?
あなたと天月君が驚いた声をあげる。
まふまふ
まふまふ
天月君どうかした?
天月
天月
……っ
本当は僕が送っていきたかったんだけど……
まふまふ
まふまふ
でも、天月君今日は用事があるって言ってなかった?
天月
天月
!!
そうだけど……うぅ…
そらる
そらる
天月。今回は諦めろ。
まふまふ以外は全員用事あるし、
まふまふに送らせよう? な?
天月
天月
…………分かりました…。
まふまふ
まふまふ
あなたもそれでいいよね?
あなた
あなた
うん!お言葉に甘えて、送ってもらおうかな…!!
+++++++++++++++++++++
天月
天月
~~……
坂田
坂田
~~!!
うらたぬき
うらたぬき
~~、
そらる
そらる
~。
まふまふ
まふまふ
あ!それじゃあ、僕達はここで!
そらる
そらる
あぁ。そっか。
また明日な。
うらたぬき
うらたぬき
また明日~。
坂田
坂田
明日!
天月
天月
………あなたちゃん、また明日。
あなた
あなた
うん!また明日!
そらるさん達が見えなくなるまで手を振っているあなた。
健気だなぁ……
まふまふ
まふまふ
それじゃ、帰ろっか!
あなた
あなた
うん!
二人並んで歩く。
………こうしてると、なんだかあなたとカップルになったようで心地がいい。
まふまふ
まふまふ
…………なんか、二人で歩いてると
カップルになったみたいだね!
気持ち悪がられるのを覚悟で言ってみる。
あなた
あなた
カップル……
あなたは、そう呟き黙ってしまった。


やっぱり、気持ち悪いって思われちゃったかな…?
まふまふ
まふまふ
あなた…?
あなたの顔を覗く。


すると、
まふまふ
まふまふ
!!
あなた……顔、真っ赤だよ?
あなた
あなた
………!!
そこには僕を気持ちわるがっている顔ではなく、
真っ赤に赤面したあなたの顔があった。
あなた
あなた
……っ!!
あなたがそっぽを向いてしまう。

………可愛い。
溢れる思いが飛び出してきた。
駄目だ。もう、止まれない。
まふまふ
まふまふ
………あなた、こっち向いて?
あなたの頬に手を当てる。
あなた
あなた
………っ
あなたは、まだ恥ずかしがっているみたいだ。
まふまふ
まふまふ
………
キュウゥと胸が苦しくなる。
あなたの全てが愛しい。
手を絡めて恋人繋ぎというものをしてみる。
すると、
あなた
あなた
えっ……
驚いたのか目を丸くさせながらあなたがこちらを向いた。
相変わらず、顔は真っ赤だ。
それどころか、先程よりも赤くなっているような気もする。
まふまふ
まふまふ
………っ
………今なら、告白できる気がする。



振られてもいい。

今までずっと募らせてきたこの気持ちだけでも

伝えたい。
まふまふ
まふまふ
あなた。
あなた
あなた
………まふ君…?
真剣な眼差しであなたを見つめる。
まふまふ
まふまふ
僕、小さい頃からずっとずっとあなたが好きだった。
頭の中で今まで何度もシミュレーションしてきたはずなのに、
上手く言葉が発せられない。
まふまふ
まふまふ
絶対…絶対に幸せにするから、
付き合ってくれませんか……?
………言った。
言ってしまった。
『好き』の2文字。

たったこれだけでこれからの僕らの関係性が変わる。
まふまふ
まふまふ
………っ
恐る恐るあなたの方を見てみる。
あなた
あなた
……………
あなたは、ボロボロと涙を流していた。
まふまふ
まふまふ
え!?あなた!?
ご、ごめん……僕……
いきなり告白なんて嫌だったよね。

そう言おうとしたその時、
僕の頬にあなたの暖かい手が触れた。
あなた
あなた
私も……
まふまふ
まふまふ
え?
あなた
あなた
私も、小さい頃からずっとまふ君が好きだった……!
ずっと、ずーっと、まふ君だけ見てた!!
………え。それって……
まふまふ
まふまふ
付き合って……くれるの?
あなた
あなた
!!
もちろん……!
まふまふ
まふまふ
……!!
~っ、あなた!!
あなた
あなた
!!ま、まふ君苦しい……
気づいたら僕はあなたを抱き締めていた。
こんな僕と付き合ってくれるなんて……
あなた
あなた
………
僕の背中に手が回る。

あなたの手だ。
まふまふ
まふまふ
本当にいいの?

僕、束縛しちゃうだろうし
嫉妬深いし、すぐ病むし、
コミュ症だし、女みたいな声だし……
たくさん迷惑かけちゃうよ……?
情けないとは分かっていながら
本当に僕なんかでいいのか確認してみる。
あなた
あなた
いいの…!!

私は、まふ君が好きだから!
全部は難しいかもしれないけど、
まふ君の事なら何でも受け入れたい……!
まふまふ
まふまふ
………!!
あなたのその言葉に涙が溢れる。

そっか。あなたは……本当に僕の事を好きでいてくれてるんだ。
まふまふ
まふまふ
あなた、大好きだよ!!






まふまふHAPPY END

『涙の数だけ』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
この後二人が結婚したのは
また別のお話…………