無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

恋の充電72%
まふまふside
まふまふ
まふまふ
えっ………と…。
保健室に気まずい空気が流れている。
そらる
そらる
…………
天月
天月
…………
二人の口論(?)が終わった今、
気まずいのか二人とも何も話さず、保健室には沈黙が流れていた。
まふまふ
まふまふ
あ~……あなた起きませんね…。
話が見つからないので、あなたの話に触れてみる。
すると、
あなた
あなた
あ…。皆、おはよう。
まるで、タイミングを見計らっていたようにあなたがベットから起き上がった。
………ん?起き上がった……?
まふまふ
まふまふ
あなた!!体は大丈夫なの??
あなた
あなた
ま、まふ君心配しすぎだよ…
それに、いつもの態度はどこにいっちゃったの?
まふまふ
まふまふ
え………
あなた
あなた
二人とも、音楽の時から冷たくないよね…
それって、無理して仲良くしてくれてるってこと??
なんで……?
あなた
あなた
私の事なんて、二人は嫌いなんでしょ…?
まふまふ
まふまふ
………っ!!
そらる
そらる
!!………
天月
天月
??
あなた
あなた
…………なんで、そんな辛そうな顔するの?
そらる
そらる
そ、れは……
あなた
あなた
私の事………嫌いなら嫌いってハッキリ切り捨てて下さいよ……嫌われてるか好かれてるのか分からない状態が一番怖いんです…!
まふまふ
まふまふ
あなた……
天月
天月
…あなたちゃん。
一旦、落ち着こう?
あなた
あなた
…………。
だって、二人とも私のために保健室に来て、でも普段の二人の態度は私の事を嫌いって言っていて……
もう、何がなんだか………
まふまふ
まふまふ
……。
あなた
あなた
二人からして、私はきっと、でき損ないの幼馴染みなんでしょ……。
そらる
そらる
そんなこと……!!
あなたは布団をギュッと握りしめた。
そらる
そらる
!!
まふまふ
まふまふ
!!
この行動に僕達は悟った。




あなたが何かをギュッと握る時は助けを求めているときだ。
まふまふ
まふまふ
あなた………何かあった?
あなた
あなた
………何もない…。
まふまふ
まふまふ
そっか……?
絶対何かある。

あなたが寝ている間に何があった?


僕の頭には疑問符がたくさん
浮かび上がっていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
ここから、謎は解き明かされていきます。