無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

恋の充電52%
坂田side
先生
学年の代表者は二組に分かれて歌うんだけど…貴方たちは、どうグループ分けする?
今は、放課後。誰もいない音楽室で、先生が俺達5人に聞いてくる。
まふまふ
まふまふ
え、どうするって…
僕は、そらるさんと一緒がいいです。
そらる
そらる
俺も、できればまふと一緒がいいです。
まふまふさんとそらるさんが言う。
うらたぬき
うらたぬき
俺は、坂田とかな~。
坂田
坂田
俺も、うらさんと一緒がええ!
あと、あなたも!
そう言うと
まふまふ
まふまふ
………(。≖ˇェˇ≖。)
そらる
そらる
…………チッ
坂田
坂田
!?
まふまふさんは俺を睨みはじめ、
そらるさんは舌打ちをした。
坂田
坂田
え、まふまふさんとそらるさんも
あなたと一緒がいいん?
まふまふ
まふまふ
え!?い、いや……まぁ…一緒がいいです…。
そらる
そらる
おい!まふ!?
坂田
坂田
そらるさんは、何故か焦っていた。
先生
困ったな~…あなたは、誰と組みたい?
あなた
あなた
え!?私は、誰とでもいいです…
全員知り合いですし……
先生
………ん~……あ!ならあなたが両方のチームに入ればいいんじゃない?
あなた
あなた
…………そ、それはどういう…
先生
あなたが、それぞれのチームに入って歌うってこと。
先生
まずはそらるさんと、まふまふと、あなたが歌う。
その次にうらたぬきと、坂田と、一緒にあなたも歌う。
先生
みたいな?
あなた
あなた
それは、ルール上いいんでしょうか?
先生
うん!全然OK!
あなた
あなた
…………私は、別にいいんですけど、
まふ君とそらるさんが……
先生
ん?まふまふとそらるさん、あなたと
一緒に歌いたいんじゃないの?
そらる
そらる
え……いや…。
まふまふ
まふまふ
歌いたいです!!!
そらる
そらる
………はい。歌いたいです。
先生
はい!じゃあ、これで決定!
大会は1週間後だから各自歌を決めて
練習しといてね~。それじゃ。
先生会議行くから。さようなら!
そらる
そらる
あ、はい。
まふまふ
まふまふ
さようなら!
坂田
坂田
先生ばいばい!
うらたぬき
うらたぬき
おい!坂田!!先生、さようなら。
あなた
あなた
先生、お疲れ様でした!!
うらたぬき
うらたぬき
それじゃ、大会で歌う曲は明日決めるか。
あなた
あなた
うん!そーだね!
坂田
坂田
せやな!
そらる
そらる
じゃあ、俺らもそうするか。
まふまふ
まふまふ
はい!
あなた
あなた
それじゃあ、また明日!
坂田
坂田
うん!また明日!
その日の帰り道、俺はあなたと歌えることが嬉しくて、一人で小さくガッツポーズをした。