無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

恋の充電75%
あなたside
あなた
あなた
はぁ……
一人の帰り道。
あなた
あなた
なんであんな事言っちゃったんだろ…
先程、保健室で二人に向かって言ってしまった事が脳裏に浮かぶ。
あなた
あなた
“二人にとって私は、出来損ないの幼馴染みなんでしょ……”
あなた
あなた
ちょっと怖くなったからって二人に当たっても仕方ないのに……
なんで、あんな風に二人に対して当たってしまったか。
それは、父が関係する。
あなたが目覚めた時に時を戻そう。
あなた
あなた
…………ん。
あれ?私………?
目覚めるとそこは、保健室のベッド。
あぁ、そっか。私、倒れたんだ。
そらる
そらる
~~~~
天月
天月
~~~~~~
カーテンの外からは、そらるさんと天月くんの声がする。
声のトーンからして、何か大事な事なんだろう。
あなた
あなた
………どうしよう。
出るタイミングが分からない。
………とりあえず、ベッドに横になって話が終わるのを待とう……。
あなた
あなた
ふぅ…………。そういえば、あの時の舌打ちって誰だったんだろう……
まふ君とクレープを食べに行ったあの日に聞こえた舌打ちの音がなんなのか。
ふと、気になった。
あなた
あなた
舌打ち…………
まふ君と……いる時………
あなた
あなた
!!
あ……。
そう考えた時、昔の思い出がフラッシュバックしてきた。
まふ君や、他の男の子と遊ぶとき、必ずと言っていい程舌打ちをしていた……お父さん。
そして、遊び終わった後に家に帰ると
将来、身売りする立場なんだから男と遊んでんじゃねーよ!!と怒ってきたお父さん。
だけど、怒った後には怒鳴ってごめんな?と謝ってくれたお父さん。
私の大好きな……お父さん。
あなた
あなた
……………お父さん…
そう呟いたときだった。
坂田
坂田
あなたーーー!!大丈夫か~?
さかたんに話しかけられた。
あなた
あなた
え、さかたん?
そっちの姿で来たの?
うらたぬき
うらたぬき
あぁ。
普通の姿でここ来たら、そらるさん達に質問責めされそうだから。
あなたとどういう関係だーって。
あなた
あなた
え?そらるさん達が?なんで、質問責め?
うらたぬき
うらたぬき
は?
坂田
坂田
え?
あなた
あなた
ふぇ?
坂田
坂田
あー。気づいてないのか~。
そらるさん達って、あなたに近づく男達を潰sムグッ!?
うらたぬき
うらたぬき
坂田。それは、あなたに伝えちゃダメなやつ。
あなた
あなた
え?なんですか?
うらたぬき
うらたぬき
いや、なんでもないから。
あなたは、知らなくていい。
あなた
あなた
………?
うらたぬき
うらたぬき
ま、元気そうで良かった。
坂田。戻るぞ。
坂田
坂田
えぇ!?もう!?ってうらさん待って~!?
あ、あなた!!明日な!
あなた
あなた
あ、うん。
また、明日!
あなた
あなた
………なんだったんだ…w
騒がしい二人が帰って、また一人になる。
そらる
そらる
~~~~
外ではまだ、そらるさん達が話しているようだ。
あなた
あなた
…………お父さん…
………そろそろ私、売られるのかなぁ……
あなた
あなた
………怖いなぁ…。
その時だった。
まふまふ
まふまふ
あなたは、大丈夫ですかね?
私の話……!
起きるなら、今だ!
あなた
あなた
あれ?みんな?
まふまふ
まふまふ
!!あなた!!
まふ君が凄いスピードで私の方に駆けてくる。
まふまふ
まふまふ
大丈夫なの!?
………なんで、まふくんは心配してくれてるんだろうもうすぐ私は、売られるのに。
あぁ、駄目だ。売られると考えると怖い。
何かに、不安を吐き出したくなる。
もう、駄目だ。止まらない。
あなた
あなた
…なんで?
まふまふ
まふまふ
え?
…………という感じで、まふくん達に当たってしまった。
あなた
あなた
はぁぁ………
売られるって決めたのは私なのに……
まぁ、私が嫌と言ったところで私に拒否権はないのだろうけど。
あなた
あなた
早く家、帰ろ。
そう言って、歩く足を早める。
家に帰って早く寝よう。
寝て、全部忘れよう。
あなた
あなた
…………はぁ。
それでも、売られるという事実が脳を支配して、涙が出てくる。
駄目だ。走ろう。走って、早く家に帰ろう。
走る走る。
ひたすら、走る。
あなた
あなた
はぁ…はぁ…。
走ったからだろう。
あっという間に家に着いてしまった。
あなた
あなた
はぁ……。
家、入ろう……。
そう言って鍵を取り出し、
ドアを開ようとしたその時








あ、ちょうどいた。
久しぶり。
そんな声が後ろから聞こえた。
とてつもない早さで後ろを向く。







酷いな~……そんなに怯えなくてもいいじゃん。
あなた
あなた
お、お父さん……?
そこにいたのは、今は仕事中のはずの


私の父親。
父親
父親
久しぶり。あなた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー














父親
父親
あなたの義理の父親。
普段は優しく、女性にモテる。
女遊びが少し…いや、かなり激しい。
あなたを売ろうとしている張本人。
腹の内は真っ黒。
作者
作者
あなたの父親は、歌い手さんではありません。