無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

恋の充電・・・%
そらるside
そらる
そらる
恋愛自由になった訳だけど好きな人とかいんの?
思いきって聞いてみる。
あなた
あなた
え!?好きな人ですか!?
まふまふ
まふまふ
そ、そんなのいないですよ!!
ね?あなた?
あからさまに、慌てるあなたとまふ。
あなた
あなた
う、うん!いないですよ!!!
そらる
そらる
…………ふーん。
白い目であなたを見てみる。
あなた
あなた
………何ですか、そらるさん…。
そらる
そらる
本当のところはどうなんだよ。
あなた
あなた
っ!?
い、いま……す。
赤面しながらそう答えるあなた。

……可愛い…。
天月
天月
え!?!?!?
そして、この中で唯一あなたに告白した天月君が『いる』という答えに反応するのは妥当な訳で。
坂田
坂田
誰?誰??
あなた
あなた
い、言わないよ…。
天月
天月
あなたちゃんに……好きな人…………。
天月君は、放心状態になっている。
まぁ、そうなるか。
好きな女に好きな人がいるとなったら
誰だって放心するし、緊張する。
それは、俺も例外ではないわけで。

俺の心臓は、バクバクと脈を打っていた。
うらたぬき
うらたぬき
誰?この中にいる?
うらた君が随分と極端な質問をする。
あなた
あなた
!!
い、ます……。
………!!

この中にいるって………



嫌でも少し期待してしまう自分がいる。
もしかしたら、あなたの好きな人は俺なんじゃないかと。
そんな淡い期待を振り払い我に帰る。
と、同時に先程まで放心状態だった天月君が喋り始めた。
天月
天月
こ、この話はもう終わりにして帰ろう?もう外も暗いし…!
露骨な話題そらしだ。
恐らく、あなたが赤面しながら好きな人について話す姿に耐えきれなくなったのだろう。


その好きな人は自分ではない可能性が高いから。
あなた
あなた
そ、そうだね……!
帰ろっか!
天月
天月
あ、でもあなたちゃん途中から帰る方向違ったよね?
あなた
あなた
うん。
天月
天月
じゃあ、僕が送ってくよ。
女の子が夜道を一人で歩くなんて論外だし…!
うらたぬき
うらたぬき
その女の子に告白した男が送ってくのも論外だけどな。
天月
天月
えぇ!?
うらたぬき
うらたぬき
何かする気だろ。
天月
天月
なにもしないよ!
うらたぬき
うらたぬき
……とにかく、俺が送ってくから。
坂田
坂田
えー!うらさんだけずるい!
俺もあなた送りたいんやけど~!
まふまふ
まふまふ
ちょ、皆落ち着いて………!!
ギャーギャーと騒がしく言い争いをする
うらた君達をまふが止めに入る。


誰が送るかくらいでうるさいな……。
まふまふ
まふまふ
あー!!もう!分かりました!
そらるさんに送ってもらいましょ?
え?
そらる
そらる
俺?
まふまふ
まふまふ
はい!あなたもいいよね?
あなた
あなた
あっ!うん!そらるさんが大丈夫なら……
そらる
そらる
俺は別に平気だけど………
あなた
あなた
じゃあ、お願いします。
そらる
そらる
ん。分かった。
++++++++++++++++++++++
天月
天月
~~~?
まふまふ
まふまふ
~~~、
うらたぬき
うらたぬき
~~~。
坂田
坂田
~~!!!
まふまふ
まふまふ
……あ!
あなたは、ここでさよならだよね。
あなた
あなた
うん!
まふまふ
まふまふ
それじゃあ、そらるさん。
あなたを送るの、よろしくお願いします。
そらる
そらる
ん。
坂田
坂田
あなた、そらるさん、また明日な~!
うらたぬき
うらたぬき
また明日。
天月
天月
明日~!
まふまふ
まふまふ
また明日!
まふまふ達が見えなくなる。
あなた
あなた
………それじゃあ。
そらるさん、行きましょうか。
そらる
そらる
そうだな。
二人で歩きだす。
そらる
そらる
………あなたさ、
あなた
あなた
……?
はい?
そらる
そらる
俺らの中に好きな人いるって言ってたけど…本当?
あなた
あなた
………!!
そ……そんなことより、今日まふ君が……
そらる
そらる
話そらさないで。
あなた
あなた
……………っ。
本当、ですよ…。そらるさん達の中に、います………
これでもかというほど赤面をしながら好きな人の話をするあなたの姿は、
自分で話をふっておきながら、

見たくないと思ってしまう。
あなた
あなた
……………そらるさん?
そらる
そらる
!!
え、何?
あなた
あなた
家、着きましたよ?
そらる
そらる
あ………ごめん。
あなた
あなた
いえいえ。
大丈夫です。
そらる
そらる
そっか……。
それじゃあ俺、帰るわ。
あなた
あなた
あ!待ってください!
そらる
そらる
あなた
あなた
家まで送っていただき、ありがとうございました。
そらる
そらる
え?
あなた
あなた
………あ。
お礼がまだだったので……今のを言うためだけに引き留めたんです。
……すみません。
あなた
あなた
家の方向、逆なのに送っていただいて……今度お礼しますね!
そらる
そらる
………そのお礼、今すぐしてもらっちゃ駄目?
あなた
あなた
………え?
そらる
そらる
俺、あなたの事が好き。
お礼なんていいから、あなたが欲しい。
あなた
あなた
………!!
…そらるさん?
そらる
そらる
………返事は、今度でいいから。
そらる
そらる
それじゃ。
あなたに背を向けて歩きだす。
横断歩道を渡り、自分の家に向かう。
あなた
あなた
………らるさん…!!
後ろからあなたの声が聞こえる。



…………あなたの声??
そらる
そらる
え……。
振り向くと、反対側の道には走ってこちらへ向かってくるあなたの姿。
な、んで……。
あなた
あなた
………っ。
信号が青になり、あなたがこちらの道へ走ってくる。



そこに、
信号を無視したトラックが突進してきた。
そらる
そらる
………!
危ない…!
あなた
あなた
え………。
考える暇もなく、
俺は、
突進してきたトラックの前に飛び出し、
あなたを突き飛ばした。
あなた
あなた
…………っ!!
………あ。これ、死ぬな。



でも、あなたが無事なら……
良かっ…た…………
あなた
あなた
そらるさん!!
そこで、俺は意識を離した。

最後に、大好きな人の悲しそうな声を聞きながら。
あなた
あなた
……………っ!
そらるさん……私を庇って…………。
そんな………私、私まだ……
あなた
あなた
そらるさんに好きって伝えてないのに……
あなた
あなた
っ……そらるさん…………大好きですよ。
あなた
あなた
ずっとずっと、私は貴方が大好きです………
涙でボロボロになった顔で、
もう返事をしないそらるさんにそう伝える。

ずっと、ずっと、大好きです……。
今までも、これからも。








そんな私の声は突如として降り始めた雨に、
かき消されてしまいました。
そらる BAT END2

『さようなら愛しい人』