無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

恋の充電57%
うらたぬきside
あなた
あなた
お、遅れてごめん!
うらたぬき
うらたぬき
おー。そらるさん達との曲決めどうだった?
あなた
あなた
なんとか、明るく話せました!
曲も決めることができましたし……
良かったです!
うらたぬき
うらたぬき
そっか。
あなた
あなた
はい!
坂田
坂田
あなたーーー!!
曲決めしよ?
あなた
あなた
うん!
うらたぬき
うらたぬき
で、何歌う?
坂田
坂田
はい!はい!はい!はい!はい!はい!
うらたぬき
うらたぬき
何?坂田。
坂田
坂田
『初恋学園・純愛歌』歌いたい!!
あなた
あなた
あ、それはそらるさん達と歌うから駄目かな。
坂田
坂田
え~……じゃあ、『Darling☆』!
うらたぬき
うらたぬき
あ~…両片想いの男女の間にモテモテの転校生が入ってくる歌だっけ。
坂田
坂田
そう!で、あなたがリンパートで、
坂田
坂田
俺がレンパートで、
うらさんがレントパート!!
うらたぬき
うらたぬき
あぁ。うん。じゃあ、それでいいや。
あなた
あなた
うん!私も、それでいいよ!
坂田
坂田
じゃあ、決定!
あなた
あなた
早いな~……(苦笑)
坂田
坂田
うん!あなた!一緒に帰ろ!!
あなた
あなた
あ、うん!
うらたぬき
うらたぬき
坂田……お前……興奮しすぎ。
そう言って、俺よりも背の高い坂田の頭に背伸びをしてチョップをくらわす。
坂田
坂田
えぇ!?なんでぇ!?
うらたぬき
うらたぬき
お前、喋り過ぎで顔赤くなってるから。
坂田
坂田
え!?嘘!?
うらたぬき
うらたぬき
嘘じゃない。いいから、一旦落ち着け。
坂田
坂田
………ふぅ。
落ち着いた。うらさんありがとう。
あなた
あなた
ww騒がしいなぁ…w
うらたぬき
うらたぬき
ほんっと。大丈夫かこのグループ…。
そんな事を思いながら俺は、
あなたと坂田と一緒に帰路についた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
次のお話は時間が一気に飛んで、
大会当日となります。