無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

恋の充電35%
あなたside
あなた
あなた
なんだったんだろ…
登校中、昨日の事について考える
あなた
あなた
まふ君、私の事守るって言ってたよね…?
まふ君が走り去っていく前に私に放った言葉。
『僕が守るからね!!』
その守るという言葉の意味がどうしても分からない。
あなた
あなた
………私の“あの事”と関係してる…?
あの事というのは、私が恋をできない理由。
あなた
あなた
…………まさかね。
そう思いながら校門をくぐる。
そして、聞こえる黄色い声。
あなた
あなた
(毎日毎日叫ぶの疲れないのかな?)
なんて、思いながら声のする方を
スルーしようとする。
すると、誰かに手を捕まれて
そのまま体育館裏まで連れてこられた。
あなた
あなた
え?だ、誰ですか?
フードを被った目の前の人に言う。
本当に誰か分からない?
あなた
あなた
え………?
どういうこと?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
はい。ここで切ります。作者です。
作者
作者
ここでアンケートをとろうと思います。
作者
作者
あなたを連れ出した人、まぁ通称フードを被った人とでも呼びましょうか。その人は物語のキーを握った人物です。
そして、その人を歌い手さんの誰かにしようと思っています。
作者
作者
しかしまだ、その肝心な歌い手さんを決めていません。
そらる
そらる
そこで、フードを被った人を歌い手さんを誰にしたいかアンケートをとります。
作者
作者
言いたかったところ言われたんですけど…
まふまふ
まふまふ
まぁまぁ!
なので、コメント欄に歌い手さんの名前と、
その人は良い人か、悪い人かも書いていただけると嬉しいです!
いい人の場合は味方に、
悪い人の場合は………どうなるかはお楽しみです。
作者
作者
全部言われた……
目の前のあなたさんの選択で
物語の展開は変わっていきます。
作者
作者
それでは、
そらる、まふまふ
そらる、まふまふ
投票、お待ちしております!!
作者
作者
はい。
以上、作者からでした。