無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

憧れ
陽菜
陽菜
私ね〜小さい頃に両親を亡くして凄く辛くて寂しかった…けどリリとか、さやかが私の近くにいてくれたから笑う事が出来た
さやか
さやか
陽菜…
陽菜
陽菜
そんな時私はある出会いがあった…それがBTSだった…初めて見た時目が離せなくて…夢中でBTSを見ていた…
BTS
BTS
陽菜
陽菜
私がここまで夢中になるのなんて、あまりなかったから自分でもびっくりした…けど私はいつのまにかBTSのあの息の合ったダンスを踊って見たくなった…だから私はダンスを始めた
BTS
BTS
そうだったんだ
陽菜
陽菜
うん!
ジン
ジン
なんか嬉しいなぁって陽菜寝てる
陽菜
陽菜
(( _ _ ))..zzzZZ
リリ
リリ
まだ熱があるのに沢山話したからね
梶T
あっ先生達は帰るからお願いしてもいい?
リリ
リリ
大丈夫だーー‼︎
太郎ちゃん
わかったじゃあ!
バタンッ
出て行った後…陽菜の携帯が鳴り出した
プルルルル…
陽菜
陽菜
うっ…誰だ…はい…もしも…し
淳先生
おーい‼︎陽菜今日ダンスがあるだろ‼︎
陽菜
陽菜
あっ忘れてた…ゴホゴホ
淳先生
陽菜大丈夫か?熱か?
陽菜
陽菜
淳先生…今日ってテストでしたよね?
グク
グク
淳先生?(ボソッ
さやか
さやか
ダンスの先生
淳先生
そうだけど来れるのか?
陽菜
陽菜
行きますので待ってて下さい
淳先生
わかった
ピッ
陽菜
陽菜
よいしょ…
リリ
リリ
陽菜ダンスに行くの⁉︎
陽菜
陽菜
うん…テストだから…着替えないと…
グク
グク
ふらふらだよ!
陽菜
陽菜
何かに集中してる方が熱が下がるからさ…私…とりあえず着替えるね
リリ
リリ
えっ待ってグク達って早‼︎
陽菜
陽菜
終了…行ってきます…
ジミン
ジミン
あっ待ってマネージャーに車頼むよ
陽菜
陽菜
大丈夫だよ
ラプモン
ラプモン
大丈夫じゃないでしょ
陽菜
陽菜
はい…