無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第150話

番外編〜小さくなった陽菜①
これは陽菜がまだアイドルになる前の話
今日は仕事の前に陽菜の家に僕たちは寄ったすると
ガチャ
グク
グク
陽菜〜来たよ〜
しーん
テテ
テテ
陽菜は?
ゴンッ!!
ジミン
ジミン
なんか今凄い音しなかった?
ホソク
ホソク
したした!
バタバタ
シュガ
シュガ
陽菜!!
ジン
ジン
あれ?
ラプモン
ラプモン
いないけど…
ゴンッ!!
グク
グク
まただ…
すると
テケテケ
グク
グク
ん?えっ
陽菜
陽菜
うぅ…痛いよ〜
ジミン
ジミン
誰この子…
すると
陽菜
陽菜
私!陽菜!
BTS
BTS
えっ?えーーー!!
ホソク
ホソク
何でこんな事に!!
陽菜
陽菜
わかんにゃいの
ジン
ジン
言えてないw
テテ
テテ
でもどうして…
陽菜
陽菜
聞きたいのはわたしだよ〜うぇ〜ん
シュガ
シュガ
でも…どうする
ラプモン
ラプモン
うーん…あっこの瓶何?
陽菜
陽菜
落ちてたかりゃ拾っにゃの
ジミン
ジミン
どこに落ちてたの?
陽菜
陽菜
道端
グク
グク
はぁ…原因はこれみたいだね
テテ
テテ
このまま1人にするのは危ないよね
ジン
ジン
うん…仕方ない仕事場に連れて行こう事情話して
シュガ
シュガ
そうだね!じゃあ行くよ!
陽菜
陽菜
はい( ̄^ ̄)ゞ
グク
グク
陽菜手を繋ぐよ
陽菜
陽菜
つにゃぐにょ!
ぎゅっ
こうして陽菜はBTSと仕事場に行きました