無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第84話

…病室…
布団の中…
陽菜
陽菜
皆んなごめんね…
グク
グク
気にしなくていいよ
陽菜
陽菜
皆んな心配しすぎだよ〜皆んな顔暗いし
リリ
リリ
陽菜
陽菜
陽菜
私こんなに元気なのになぁw
グク
グク
陽菜…無理して笑わなくていいよ
陽菜
陽菜
えっ…何を言って
グク
グク
今の陽菜…いつもの笑顔じゃない
陽菜
陽菜
私は…笑顔だよ?
ぎしっ
グク
グク
グクは私のベッドに手を置いて私の顔の近くまで来た
陽菜
陽菜
嘘じゃない!!嘘…なんかじゃ…ない
さやか
さやか
陽菜…
グク
グク
じゃあなんで泣きそうな顔してるの?
ホソク
ホソク
陽菜無理は駄目だよ
ジン
ジン
辛いなら泣きなよ
テテ
テテ
いつだって支えになるから
ラプモン
ラプモン
いつだって助ける
シュガ
シュガ
だからさ陽菜
ジミン
ジミン
笑って?
リリ
リリ
いつもの陽菜を見たい!!
さやか
さやか
だから無理しないでさいつもの笑顔でいて?
グク
グク
陽菜?
陽菜
陽菜
だぁって…私は…アイドルだもん…泣いたら…皆んな悲しんじゃうよ…うぅ…悲しませたくないよぉ
ジミン
ジミン
陽菜…
陽菜
陽菜
本当は…怖くて仕方ないよ…ヒック…死ぬとか…嫌だよ…まだ…死にたくない…生きたいのに…どうしたらぁ…あっうぅ
ぎゅっ
グク
グク
大丈夫泣きなよ…泣き顔見られたくないなら隠すからさ…だから…泣き止んだらいつもの笑顔でいて…陽菜
陽菜
陽菜
グクぅ…ありがとう…うぅ
ポロポロ…
陽菜の目から涙が溢れてきた…誰だって死ぬのが怖いに決まってる…だから僕が出来ることは陽菜を支えて守る事…そして…絶対に死なせたりしない