無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

証拠
私は今…年が明けて2日目…offだったので1日家でゴロゴロしてました…だがお腹が空いたので今はスーパーへレッツゴー
陽菜
陽菜
えっと…肉…豚肉でいいや…後は…あっ牛乳とにんじんにトマト…
店員
ありがとうございました!
陽菜
陽菜
ふ〜買えた買えた!…寒い…早く帰ろ
コツコツ…
陽菜
陽菜
コツコツ…
陽菜
陽菜
気のせいかな…なんか後ろの人付いてきてる気がする…(ボソッ
すると…

パシッ‼︎
陽菜
陽菜
えっあっちょっと
ナンパ1
君可愛いね!
陽菜
陽菜
ちょっと離して…
ナンパ1
嫌だって言ったら?
陽菜
陽菜
とにかく離して下さい…
すると…ドカッ!
グク
グク
陽菜‼︎大丈夫?
陽菜
陽菜
えっ!あっグ…何でここに
グク
グク
買い物に来て…それよりも…
グイッ
陽菜
陽菜
えっ///
何故か抱きつかれた
グク
グク
僕の彼女に何か用ですか?
陽菜
陽菜
えっ
ナンパ1
お前の彼女なのか?
グク
グク
そうだけど
陽菜
陽菜
そうです!私達付き合っているんです!
ナンパ1
…だったら証拠みせろ!
グク
グク
証拠?
ナンパ1
キスしろ‼︎付き合ってるんならできるだろ!
陽菜
陽菜
あっえっと…
グク
グク
…いいよ
陽菜
陽菜
えっ‼︎ちょっと///
グク
グク
ごめん(ボソッ
ちゅっ
陽菜
陽菜
(私のファーストキスが…でも全然嫌じゃない…逆にもっとしてほしい)
ナンパ1
チッ‼︎じゃあな