無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第136話

番外編〜バレンタイン
これはまだ私がまだ私がアイドルになる前の話
陽菜
陽菜
あっ!グク〜
グク
グク
あっ陽菜きた
私は横断歩道を走って渡った…だが…


ズルっ
陽菜
陽菜
えっ
ベチャ
グク
グク
転けた…じゃなくて陽菜大丈夫?
陽菜
陽菜
大丈夫だよ!それよりもチョコレート…あー!チョコレートが車に引かれた!
グク
グク
チョコレート?あっ今日バレンタインだから
陽菜
陽菜
うん…作って渡そうと思ったんだけど…グスッ
グク
グク
はぁ陽菜のドジさはもう充分知ってるから泣かないで
陽菜
陽菜
だってぇ…グスッ
私は泣いてしまったすると
ちゅっ
陽菜
陽菜
えっ///
グク
グク
うん…甘いよ陽菜
陽菜
陽菜
チョコレートじゃないよ///
グク
グク
陽菜はいつだって甘いから好き…どうせなら沢山食べるね
陽菜
陽菜
うっ…///
ペロッペロッ
陽菜
陽菜
あっ///
グク
グク
可愛い
陽菜
陽菜
うるさい///
チョコレートよりも甘いバレンタインを過ごしましたとさ