無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

目を合わせる…
今日から私はグクを意識する事にしてみた
陽菜
陽菜
じー…
グク
グク
?陽菜どうしたの?
陽菜
陽菜
えっ!!あっいや何もないよ!ただ収録緊張してきたなって
グク
グク
そうだね!2人で共演は初めてだからね!
陽菜
陽菜
うっうん!!
グク
グク
スタッフ
陽菜ちゃんとグクさん準備お願いします!
陽菜
陽菜
あっはい!
今日はモデル撮影…春のデートの写真集の撮影
グク
グク
陽菜頑張ろうね!
陽菜
陽菜
うん!
カメラマン
それじゃ撮るよ!よーいスタート!
するとグクは私の手を握ってきた
陽菜
陽菜
えっ///
グク
グク
ほら陽菜
陽菜
陽菜
あっうん…///
カシャカシャカシャカシャ
カメラマン
いいよ〜陽菜ちゃん達!
そしてラストの時いきなりグクが私の手を引っ張ってきた
陽菜
陽菜
えっちょっと///
顎クイ状態
グク
グク
ニコッ
陽菜
陽菜
あっ…///私…
カメラマン
はい!カット!!凄く良かったよ!
グク
グク
ありがとうございます!
グク
グク
陽菜お疲れ!
陽菜
陽菜
えっあっうん…お疲れ///じゃあ先に行くね
グク
グク
…陽菜?
…楽屋…
陽菜
陽菜
逃げてきちゃった…どうしよう…顔見れなかった…私…やっぱり…
好きなんだ…