無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第103話

作詞作曲
カキカキ…
陽菜
陽菜
うーん…難しいなぁ…いつもならスラスラ書けるのに…
今私は病室でペンの持ちながら作詞作曲をしていた…あの後私を手術してくれる先生と会い手術をする事が決まった…だけど先生は手術で少しでもミスをしたらもう…後はない…っと言われた…後は祈る事しか出来ないけど…
陽菜
陽菜
はぁ…うーん…
今私が書こうとしている曲はグクに向けた歌
陽菜
陽菜
グク…喜ばせたいな…
ヒュー…
陽菜
陽菜
寒い…窓閉めよ…
そう思い外を見たら空はとても晴れていた…綺麗
陽菜
陽菜
確か…グクと会った日もこんな風に晴れていたな
そして私は…
陽菜
陽菜
あっ…
カキカキ…
自然と手が動いた…そして私は書き始めて…
陽菜
陽菜
かっかけた!!…でもいつ渡そうかな…うーん…来た時に渡そう!!うん!そうしよう!