無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

大切な場所
ザァ〜
陽菜
陽菜
久しぶりに来たなぁ…ここ…
私が今いるのは…東京全体が見渡せる場所…風当たりも良くって、あまり人も来なく静かで落ち着く…私はここで歌を歌う…そしてここは私の大切な場所でもある…
陽菜
陽菜
お父さんとお母さんとここに3人で来たなぁ
ザァ〜
陽菜
陽菜
風が気持ちいい…桜も満開だね…
そして私は…
陽菜
陽菜
♪〜〜〜〜〜〜〜
私は歌を歌い出した…
陽菜
陽菜
♪〜〜〜〜〜
歌い終わると…
パチパチパチッ
陽菜
陽菜
えっ?
あっごめんね?つい聴いちゃって
ザァ〜
すると…その人が被っていた帽子は風で飛んでしまった
あっ…
陽菜
陽菜
…あの…もしかして…BTSのグクですか?
グク
グク
…そうだよ…僕はグク
陽菜
陽菜
本物だ…